地球システム・倫理学会第16回学術大会

地球システム・倫理学会の第16回学術大会を以下のように開催します。

開催日:2020年11月14日(土)・15 日(日)
会 場:Zoomによるオンライン会議
テーマ:地球システムとパンデミックー人類はそこに何を読み取るべきか
大会実行委員長:青木 三郎(筑波大学大学院教授、地球システム・倫理学会副会長)
担当校:筑波大学・人文社会国際比較研究機構

大会趣旨:
 今、地球生命システムは悲鳴をあげています。その一端としての人類の責任は重く、逃れることはできません。人類の築いてきた文明は地球温暖化、環境汚染、資源枯渇、生物種絶滅等、深刻な 問題を引き起こしてきました。さらにこの文明システムは、人類自身に、戦争、暴力、格差、貧困、 テロ、人口過剰などをもたらし、人類自らをも存続の危機に陥れています。謙虚に地球システムの 悲鳴を聞き、それに対応し、真剣に人類文明システムのあり方を問い直すことが必要です。本学会 では、地球システムの悲鳴と人類文明の危機に向き合い、対応すること、すなわち response する ことをテーマとして叡智を結集し、人類にとってありうるべき未来文明システムについて提言を行う機会といたします。
 今回の具体的なテーマは「地球システムとパンデミック − 人類はそこに何を読み取るべきか」です。 新型コロナウィルス感染の感染爆発に対して、本年3 月16 日フランスのマクロン大統領は、国民 に向けて「これは戦争である。ほかの国や軍隊との戦いではなく、目に見えない敵との戦いである」と訴え社会封鎖(ロックダウン)に踏み切りました。本学会では「敵といかに戦うか」という人間 本位の問いではなく、「ウィルス・細菌という微生物と人類はいかに生きる(べき)か」という地球 倫理の問いについて討議したいと考えます。
---

時間割:
11月14日(土)
13:00〜 15:30      自由論題発表(Zoomにて開催)(「自由論題発表」の応募要領については、こちら)
11月15日(日)(Zoomにて開催)
13:30〜14:30  基調講演 講師・テーマについては後日発表します。
14:30〜16:30  シンポジウム パネリストは後日発表します。
16:30〜17:00     オンライン懇親会

上記の予定については、変更になる場合があります。

第16回学術大会に参加される場合は、Zoomをご利用頂くことになります。Zoomのご利用について、地球システム・倫理学会事務局から技術的な支援をすることはできません。また、Zoomの利用に伴い、万一、お使いのデバイスやネットワーク等に不具合が生じたとしても、当学会は一切責任を負いません。この点につきまして、あらかじめご了解の上、ご参加下さいますようお願い申し上げます。

以上