研究例会‎ > ‎

2018.09.29 2018年「有明海の再生に向けた東京シンポジウム」



日 時:平成30年9月29日(土)10時30分~17時30分(受付:10時~)
●会 場:東京大学農学部フードサイエンス棟1階 中島ホール
   (東京都文京区弥生1-1-1 東京大学弥生キャンパス内)
●主 催:一般社団法人全国日本学士会/地球システム・倫理学会
●共 催:有明海漁民・市民ネットワーク、NPO 法人森は海の恋人、NPO 法人
SPERA 森里海・時代を拓く、
    認定NPO 法人アースウォッチ・ジャパン
●後 援:三井物産環境基金、地球・人間環境フォーラム、WWFJapan

●趣 旨:
東日本大震災は、忘れかけていた自然への畏敬の念を取り戻す必要性を根源的に
訴えました。一方、私たちはこの間目先の経済成長を最優先させ、生物生産性が
極めて高く生物多様性に富んだわが国周辺の海に深刻な影響を及ぼし続け、続
く世代が海とともに生きる確かな未来に赤信号が点滅する事態を招いてしまいま
した。その象徴が、「宝の海」から「瀕死の海」に至った有明海なのです。諫早
湾潮受け堤防の設置は、地球システムに大きな分断を生み出しただけでなく、自
然とともに生きてきた地域社会にも深刻な亀裂を生み出しました。この困難な現
状を、水循環とともに生きる農林漁業の協同の輪を広げながら、共に生きる道を
生み出し得るかが、未来世代から問わています。有明海問題は、九州の一地方の
問題ではなく、この国が抱えた根源的な問題であり、圧倒的多数の人々が暮らす
都会の問題でもあります。地球システム倫理、環境倫理の問題でもある有明海問
題の今日的意味を考え、未来志向のもとに、再生への叡智を生み出すシンポジウ
ムを東京で開催するものです。

●プログラム
I. 主催者挨拶(10時30分~10時40分) 
地球システム・倫理学会会長 近藤 誠一

II.  趣旨説明(10時40分~11時)
「東京で有明海再生の道を考える」    
地球システム・倫理学会理事、舞根森里海研究所所長  
田中 克

Ⅲ. 講演(11時~16時45分) 
(1)地球システム倫理としての有明海問題(11時~12時)
「クストーの思想に学ぶ」
地球システム・倫理学会会長顧問 
服部 英二

「自然と共生する技術とは何か-有明海の再生に向けて」
地球システム・倫理学会副会長、星磋大学共生科学部教授
鬼頭 秀一

(2)有明海の環境と生き物の多様性(13時~14時)
「有明海異変と環境変化-諫早湾潮受け堤防設置との関連」  
熊本県立大学環境共生学部教授  
堤 裕昭

「稚魚研究から見た有明海の異変と未来」      
高知大学海洋生物教育研究センター教授  
木下 泉

(3)有明海で漁業と農業に生きる(14時~15時)
「有明海を“宝の海”に戻したい」                   
佐賀県多良町漁師  
平方 宣清

「干拓地で農業に生きる」               
農業生産法人(株)マツオファーム代表  
松尾 公春

(4)有明海再生へ向けての展望(15時15分~16時45分)
「韓国順天湾干潟の再生・保全から有明海再生を展望する」     
福岡県立伝習館高校教諭 木庭 慎治
熊本県立岱志高校教諭 松浦 弘

ラムサール条約と森里川海プロジェクトから有明海再生を展望する
環境省「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクトチーム・副チーム長  
鳥居 敏男

「森は海の恋人から有明海再生を展望する」          
NPO法人森は海の恋人理事長  
畠山 重篤

Ⅳ. 有明海再生へ向けての提言とりまとめに関する意見交換(16時45分~17時30
分)

Ⅴ. 写真展示「有明海と諫早湾の今昔」(於:中島ホール入口フロアー)
宝の海と呼ばれた有明海・諫早湾の海と漁業を撮り続ける中尾勘悟氏(肥前環境
民俗写真研究所代表)の写真展示

◎『講演者と参加者の懇親会』※シンポジウム終了後、講演者を交えた懇親会を催
します。
会費:3,000円
会場:レストラン「アブルボア」(東京大学弥生キャンパス 向ヶ丘ファカルテ
ィハウス内) 
時間:18時~20時

●参加申込方法:「①参加者氏名、②参加人数、③懇親会への参加の有無」を「一般
社団法人全国日本学士会事務局」宛に、電話、ファックスまたは電子メールでご
連絡ください。参加申込受付票は発行しません。また、懇親会参加費(3,000円)
の領収書は発行いたしません。

電話:075-724-6500
FAX:075-722-3002
E-mail:gakusi@poppy.ocn.ne.jp

●問い合わせ先
一般社団法人全国日本学士会事務局(電話・FAX ・電子メールは上記)

以上

Comments