刊行物‎ > ‎『会報』‎ > ‎

『会報』第1号

 

 
 

創刊の辞

「創刊の辞」 伊東俊太郎

講演

1.生命システム・倫理
生物多様性・生態系の危機と自然再生」
鷲谷いづみ
2.環境システム・倫理
「生命文明の構築をめざして」
安田喜憲
3.文明システム・倫理
「地球文明の未来」
伊東俊太郎
4.文化システム・倫理
「宗教文化と地球平和」
吉田宏晢

フォーラム 司会者報告

1.「生命・環境をめぐって」 正木晴彦、横山紘一
2.「文明・文化をめぐって」 竹村牧男、岡田真美子
3.「地球システム・倫理の未来に向けて」 吉田収、平田俊博

書評

モラロジー研究所道徳科学研究センター編
『倫理道徳の白書 Vol. 1』
清水良衞
服部英二+鶴見和子著
『「対話」の文化―言語・宗教・文明』
立木教夫
小林道憲著
『文明の交流史観―日本文明のなかの世界文明』
頼住光子
鷲谷いずみ著
『天と地と人の間で―生態学から広がる世界』
加藤美恵子
安田喜憲著
『文明の環境史観』
平田俊博

図書紹介

竹村牧男・松尾友矩 編著
『共生のかたち―「共生学」の構築をめざして』
服部英二+鶴見和子著
『「対話」の文化―言語・宗教・文明』
小林道憲 著
『古代日本海文明交流圏―ユーラシアの文明変動の中で』
安田喜憲 編著
『山岳信仰と日本人』

特別寄稿

慎みの心で自然との調和を
―「自然と人心の地球環境」修復のために
清水良衞

国内情報

学際的アプローチで行動的研究
―地球システム・倫理学会 (『教育新聞』)
吉田 収

海外情報

ポーランド国立学術院ウィーンセンター連続講座
「自然哲学と自然科学」2006年4-6月
橋 柃

筆者一覧