地球生命システムは一万年に一種から、一日に百種以上絶滅する第六次大絶滅の時代に入りました。
  それは三千種の唯一種、人類が文明システムを作り、地球温暖化、汚染を初めとする環境問題、資源枯渇、生物種絶滅、人口過剰、戦争、格差、貧困、テロなど相互に関連する地球問題群を引き起こしているからです。私達の生活が危機を生み出しているのですから、生き方の転換が必要とされています。地球システムの真理を知り、全体の健全の為に、自己中心主義(一国主義、原理主義等)を超えて地球倫理を行なわなければ人類の未来もありません。
 地球問題群の解決、地球倫理の確立のためにこの学会は設立されました。その為には人々の協働が必要です。一人でも多くのご参加、ご協力をお願いいたします。



2020年度学術大会の実施について


2019年度学術大会の様子が動画でご覧いただけます

地球システム・倫理学会第15回学術大会「世界の行方を問う ー岐路に立つ国際秩序と地球環境」(2019年11月24日開催)については、以下のサイトでご確認頂けます。シンポジウムの動画もご覧頂けます。



次回の研究例会・シンポジウムのご案内

地球システム・倫理学会の研究例会は、当分の間、学会の会員のみを対象に、Zoomで開催しています。2020年度の研究例会の予定は以下のとおりです。


2020718日(土)西原 智昭(星槎大学特任教授)(Zoomにて開催)

「先住民族の未来は誰が決めるのか」


2020919日(土)谷口 正次(資源・環境ジャーナリスト)(Zoomにて開催)

『転生する文明』(服部英二著)を読んで、-“転生と変貌”の象徴、想像の世界を支配する論理をさぐる


20201017日(土)後藤 敏彦(環境監査研究会代表理事)テーマ未定


20201219日(土)東郷 和彦(京都産業大学世界問題研究所 所長)テーマ未定


2021130日(土)

 【講演】長田 渚左(作家・スポーツジャーナリスト)テーマ未定        

 【対論】小山 芳郎(ジャーナリスト)


2021年3月27日(土)講師・テーマ未定




News & Topics




2019年1月13日 当学会「協賛会員」の梅原 猛 先生には、2019年1月12日に逝去されました。
       謹んで哀悼の意を捧げます。




2018年9月19日 2018年「有明海の再生に向けた東京シンポジウム」が
       9月29日(土)に開催! 詳しくはポスターをクリックしてください。


 





地球システム  倫理  jasgse  jsgse  ethic system