学会概要‎ > ‎

会則

第一条(名称)
本会は地球システム・倫理学会(The Japan Society for Global System and Ethics)と称する。

第二条(目的)
本会は地球生命システムの調和と共生のための総合的な、かつ学際的で行動的な研究・教育や、交流・啓発活動を行なう。

第三条(事業)
本会は次の事業を行う。
1.年度学術大会の開催 2.年報の刊行 3.その他の必要な事業

第四条(組織)
本会は正会員、準会員、学生会員、賛助会員、協賛会員で構成し、地球各地の拠点から成る多元的ネットワークの柔構造組織である。正会員は本会の目的に賛同し年会費を払う者とする。準会員および学生会員は正会員の紹介する者で別途定める会費規定に従う。賛助会員は財政的援助を行う者とする。協賛会員は本会の目的を理解し活動を支援する有識者で理事会の承認を得たものとする。協賛会員については会費義務は免除される。正会員は本会役員の選挙権と被選挙権を有し、準会員は選挙権のみを有する。

第五条(権利)
会員は学術大会、研究例会等に参加し、年報を受ける権利を有する。

第六条(名誉会長・顧問)
本会に名誉会長と顧問を置く事ができる。名誉会長と顧問は本会の運営に関して会長に助言する。

第七条(役員)
本会に次の役員を置き、正会員の中より選出する。会長、副会長、常任理事は理事の互選により選出される。
1.会長 一名  2.副会長 二名  3.常任理事 五名 
4.監事 二名  5.理事 若干名   6.評議員 若干名

第八条(理事会)
理事会は評議員を除く上記役員により構成し、第三条に定める事業を審議する。評議員は理事会に意見を具申し、必要により参加することができる。

第九条(会長)
会長は本会を代表し、会務を統括し、総会及び理事会を召集する。

第十条(副会長)
副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時はこれを代行する。

第十一条(常任理事、監事)
常任理事は会長および副会長とともに常任理事会を構成し、本会の会務を分担、執行する。監事は本会の会計と会務を監査する。

第十二条(役員任期)
役員の任期は二年とする。

第十三条(総会)
会員総会は毎年一回の定例総会とし、必要により臨時総会も開催する。審議事項は年次事業報告/計画、会計報告/計画、役員選出、その他を含む。

第十四条(経費)
経費は会費、寄付金、その他の収入による。会費は別途定める。

第十五条(会計)
理事または評議員の中より、会長の指名により二名を会計の任に当てる。

第十六条(年度)
本会の年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第十七条(会則変更)
本会則の変更は総会の議決による。

付則 平成17年4月24日会則原案作成、平成18年2月20日第1回学術大会(麗澤大学)で承認、平成19年10月27日第3回学術大会(山形大学)における総会で改訂し、同日から施行。平成23年6月25日第6回学術大会(麗澤大学)における総会で改訂し、同日から施行。平成24年4月28日年次総会にて改訂し、同日から施行。平成25年4月27日年次総会にて改訂し、同日から施行。平成26年4月26日年次総会にて改訂し、同日から施行。